BLOG

将来の夢はおもしろお兄さんです。

中学校生活3年間を振り返ってみる

今日、31日で俺は中学生ではなくなります。

とういうわけで、ここに俺の中学校3年間を乱文かつ超長文ではありますが振り返ってみます。

1年生

思えば3年前、引越しをした俺は誰1人知り合いのいない中へ飛び込んでいきました。 一抹の不安を抱えていました。

中学校最初の給食は仕出し弁当で、クラスごちゃまぜでふれあいを目的に学年が一同に介して食べるものでした。 当然、というかなんというか俺はぼっち飯でしたら、クラスの女の子に声を掛けられ、一緒にいた隣のクラスの女の子を紹介されました。 この隣のクラスの子が、1年生の前期、学年で一番よく話した人でした。

入学してすぐの委員決め、なかなか決まらなかった中ですでに決まっていた女の子(前出の隣のクラスの子を紹介してくれた子)に、同じ委員に誘われ、生活委員をやったことが記憶に残っています。 生活委員の会合では他のクラスの人も集まってくるため、自然と他のクラスとのつながりも細くはありましたが生まれてきました。 ちなみに、この生活委員のメンバーの中に前出のとなりのクラスの子もいました。

俺の学校では新入生の親睦を深めるために入学してすぐの時期に1泊2日の宿泊行事があります。 少しずつクラスに馴染んでいた俺でしたが、それでもまだ充実しているとは言えない状況。。 そんな中での宿泊行事でした。 しかしこの宿泊行事の中でクラスの男連中と一緒に遊び、話し、普通に輪の中に入れるようになっていました。 自由時間の鬼ごっこに誘われ足の速さに驚かれたことや、就寝前に班が一緒の奴らと誰が可愛い、誰がいい、だのと話した記憶も鮮明にあります。

中学校初めての授業参観、校庭の自然を探してくる、という理科の授業を見に来た母が、帰ってきてから「こんなにすぐにみんなに溶け込めるとは思っていなかった」と驚いていたことが思い出されます。

しばらくして運動会がありました。 前述のとおり生活委員をやっていた俺は運動会の用具係をしました。 偶然にも同じ担当に前出の隣のクラスの女の子がいました。 ちなみに、この頃から俺は彼女を意識するようになっていた、という話もあります。 しかし、引っ込み思案で奥出な俺(当時は輪をかけてひどかった)はとうとう言い出せることはありませんでした。 俺がときどき入学からやり直したいと口にすることがあるのですが、それはこの時をやり直したい、という意味で言っていることがほとんどですwうーん、チャンスはあったと思うのですがね、、、とうぬぼれていますw

1年生の後期は学級委員をやりました。 立候補者が俺を入れて2人で、投票の結果俺が当選しました。 ただ、今思えば、うーん落としてしまった子には申し訳ないのですがもう1度生活委員をやればよかったかなぁ、と思っています。 この頃にこれを含めて2つの大きな失敗があるもので、、、

この1ヶ月後には文化祭がやってきました。 学年劇と合唱コンクール。 学年劇では大道具係、というなんともな係をやりました。 担当の先生に総責任者に指名される、という事件もありましたw 大道具係では洞窟を製作しました。 父の仕事の関係で発泡スチロールを大量に手に入れられた俺は4人の大道具係の生徒と共にサンタクロースのようになりながら家から学校まで発泡スチロールを運んだこともありました。 洞窟の設計を黙々としていたら、同じ洞窟製作班の人に、「こいつ本当に、学力とかではなく、頭がいいんだな」と言われるという嬉しいこともありました。 合唱コンクールでは、最初ピアノ伴奏だけをやるつもりで、ピアノ伴奏者の椅子を手にいれていましが、気づけば流れで別の曲の指揮者までをやることになっていました

2年生

そんなこんなで2年生になりました。 2年生に進級したらまず生活委員をやりました。 偶然にも1年生で生活委員を一緒にやった子との組み合わせでもう1度。

2年始の宿泊行事は安達太良移動教室。 福島県の安達太良山を登頂しました。 この登頂の印象が強くて他はあまり覚えていません><そうそう、2段ベッドが所狭しに置かれた大部屋でクラスの男子が全員1つの部屋でした。 あとは、往路では途中でみんなバスを降ろされオリエンテーリング。 ポイントを回りながら宿舎へむかいました。 そして、ホラー映画を見た後に肝試しとかいってただ暗いだけの山道を5人のグループで懐中電灯片手に歩かされました。

次に運動会がありました。 組体操をしました。 ほかは特に印象に残っていない、という…。

でも、この運動会をきっかけに俺は1人と急速に仲良くなりました。 彼が俺にとって、はっきり言って俺のこれまでで1番の友人ととなりました。 そして、これからも彼とはいい友人同士でありたいと思っています。 別に今この場の感情で言っているのではなく、です。 また、彼と仲よかった人ともどんどん仲良くなっていきました。 彼はテニス部でしたので、テニス部連中に特に友人が多くなりました。 また時たまテニス部の練習に顔を出すこともありました。 そうそう、テニス部顧問の先生に、「あれ吉田ってテニス部じゃなかったっけ?」と言われることもありました(これは3年生の出来事)。

2年生後期になり俺はなんと、生徒会役員に立候補することにしました。 しかもノリでw選択理科の授業中だったのですが、友人がすでに出る、と決めていた子の応援弁士をすると聞いたので、「じゃあ俺も生徒会役員選挙、出てしまおう」という感じで。 その場で応援弁士探しをしました。 まず手始めにクラスの学級委員に頼みましたら断られてしまいました。 そこでテニス部部長に打診したところ、立会演説会での原稿を書いてくれるのら、ということでしたので俺がいかに生徒会役員に適格か、という文を自分で書きましたw「僕は自信を持って彼を生徒会役員に推薦します。」と。 結果は、、、ご存知の通り見事当選。 役職は役員の互選で決めるのですが、僕は1票の差で会長職を逃し、副会長に収まりました。 きっかけはノリだったものの、生徒会役員をやった事は間違いなく俺にとってとてもいいことでした。 それは大変でしが、とても充実していました。 ちなみに、投票会のあと見ず知らずの後輩多数にに「よしだくん、投票しましたよ」と声を掛けられました。 素直に嬉しかったです。 これで部活に入っていなかった俺でしたが前後にもつながりが出てきました。

その後には文化祭が来ました。 この年はA型インフルエンザが大流行し我が学年でも学級閉鎖、我がクラスでも学級閉鎖が行われ学年劇は十分な練習ができずに中止になりました。 当日も1年生のクラスには合唱コンクールで自分らが歌い次第学級閉鎖で帰宅したクラスすらありました。 ですので、この年は俺らの学年は合唱コンクールのみ。 この年も俺はピアノ伴奏をしました。

2年生はこんな感じでしょうか。 2年生が、俺にとって中学時代1番活発で、最も楽しかった学年だったと思います。 いろいろありましたが。

3年生

※この辺からこのブログに関連エントリがあるので、それへのリンクを貼っていきます。

3年生まずやったのが修学旅行でした。 新潟に行って、田植え体験や農家泊をしました。 農家泊メンバーが前出の中1番の友人(テニス部副部長)とテニス部部長。 この修学旅行は俺にとってとてもいい経験でした。 修学旅行

つぎが運動会。 ソーラン節と組体操、そしてムカデ競争をやりました。 そして生徒会副会長な俺は開会宣言をしました。 生徒会席にいましたのでクラスの応援席とは別にいましたが、何人か自分の席に誘いこんで話したり、徒競走の結果を競馬のように予想したり、などしていました。 Why don’t you do your best?

次は、夏休みを挟んでボランティア活動。 保育園に行きました。 小さな子供たちのお世話をしたり、一緒に遊んだり。

そして、ここで俺の生徒副会長としての任期が終了しました。

次が一気に飛んで文化祭。 やっぱり合唱コンクールではピアノ伴奏をしました。 指揮者が決まらない中で、某お笑い芸人よろしく進むことを望んで「じゃぁ、俺がやるよ」と手をあげたらそのまま「どうぞ、どうぞ」と俺に。 ということで指揮者もつとめました。 なんと修学旅行で農家泊班が俺と同じだった2人も指揮者をやるらしく(まぁ、俺が誘い込んだんだがw)、頼まれましたので家に呼んでピアノで伴奏をしつつ、他の付いてきた奴らに歌わせつつ、曲のイメージとかポイントとかを指導しました。 まぁ、俺の主観のイメージをなるべく入れずに、楽譜に忠実にではありましたが。 また、自分らのクラスで練習するから、と俺のピアノ伴奏を録音してCDに焼くこともしましたねぇ。 なんだかんだで行事ごと自分のクラスより他のクラスの力になってしまっているという(笑)まぁ、我がクラスは金賞をとりましたし、俺個人は伴奏者賞をとりましたし結果オーライです。 合唱コンクール 文化祭、合唱コンの他にはソーラン節を踊りましたねぇ。 うん、それだけ。

次が、前述のボランティア活動の学年代表発表会を2年生生徒と3年生生徒の前で行いました。 パワポでスライド作って発表を。 みんなが真剣に真面目に事実の羅列と感想の発表をしている中で、俺は1人浮いてウケ狙い路線で行きまして、、、結果は大当たりしました。 えぇ。 ただ、次に発表を控えていた女の子に、あんな発表をされるとハードルががが、と怒られましたw発表が終わると2年生が帰され、修学旅行、新潟でお世話になった方々の前で文化祭で踊ったソーラン節を披露しました。 その後に久々に新潟の方々とお話しする機会に恵まれました。

文化祭が終了すると、もうみんな受験モードなんですね。 ええ、驚きました。 今までちょこちょこ言ってきましたが、俺勉強が好きでなくて、全くしないんです。 それでもって点数はやたらとれ学年1位は何度となく。 点数がいいもんだから成績も取れて。 そのくせテストの点とか成績とかに無関心で、、、というみんなに憎まれる典型的なパターンなんですねw そしてこれをネタに人をいじるから尚更w

ほいでもって授業も受験対策が主に。 はっきり言ってこのころ、11月なんですが志望校すら曖昧な状態でした。 都立の新宿高校がいいとか、でも都立高校で情報科が唯一ある新宿山吹高校がいいとか、、、えぇ。 結局なにを思ったかとある国立高校の説明会行って、俺のこの学校行く、と即断しました。

次がなんといっても高校受験。 中学校の集大成ですからねぇ。 前述のとおり国立の高校に決めて中学校に推薦願出したらそれが通りまして、年明けそうそう1/12日受験しました。 俺が推薦願だした分野は枠いっぱいとったとしても倍率3.5倍で例年枠いっぱい取らないのですが、、、危機感とか全く感じず不思議と達観した気持ちで自信満々に受けに行きました。 これまでに受験勉強は一切せずに来て、試験前々日と前日に数学と理科の参考書を軽く読み流した程度だったのですが。 まぁ、結局合格しました。 試験結果は受験の翌日高校の方に貼り出されていたようですが、中学から帰ってきて行くのが面倒だった俺は発表の翌日に郵送されているのを待っていました。

そんなこんなで学年1番に進学先高校を決めてしまいました。 滑り止めに都立小松川高校を考えていたのですが、受かってしまったので取り消し。 俺のせいで受かったはずの誰か1人が落ちるのは嫌ですのでw(こういう発言がみんなから反感を買うのですね)後はしっかり学校に通って卒業式を待つのみ、となりました。 なったはずだったのですが、受験対策が主な授業内容に意味を感じ無くなってしまい、そこに「人間は誰しも明日が約束されていないから、一日一日を満足して過ごさねばいけない。」という俺のポリシーが浮いてきて、ええ。 最後の最後になにしてくれてんねん状態です。 結局母と相談の上、都立高校出願で15分間登校の2/7は学校へ行き、8, 9, 10を欠席し、建国記念日の11、土曜の12と日曜の13をあわせてなんちゃって6連休を頂きました。 ただ、この6日間はとっても充実していました。

そして、2月も終わるとほとんどの人が進路を決め、後は本当に卒業をまつのみ。 そんななかで、最後のお楽しみ会で、先生直々に3年間の思い出を振り返るためのスライドショーを作ってくれ、との依頼が。 1,000枚は優に超える膨大な数の写真を渡されました。 が、うっかりお楽しみ会の日にちを聞くのを忘れてしまい、、、なんと手付かずの状態で翌日がお楽しみ会であるということを知る有様。 夜を徹した10時間の作業でなんとか完成させられました。 しっかし、あれですね。 みんなが1度は映るように、とかの配慮が大変ですね。 そもそもこの日にMBAが上海から届き、そして雪が降ったので雪だるまを作り( 雪やこんこ♪ )、それでもって郵便局で定形外郵便やレターパックの発送をしたり、、、忙しさが忙しさを呼ぶんですねぇ。 やることの順番間違っている気がしねーでもないですがwそんなわけで完成。 上映されました。 俺の前に、学年で結成したバンドの演奏をやっていて、盛り上がってて、その後。 最初は明るくて、オチもあるような楽しい感じで、終わりに近づくに連れて寂しい雰囲気に。 上映が終わって作品に関して高評価をいただけました。 終わって教室に帰る最中に誰かが「なんかしんみりするよな」と言っていたのが印象的で、かつ狙い通りでした。

卒業式前日、卒業式の練習を終えた後で、卒業に際して、というコメントを3年間学年の中心人物であった人たちが発表していく機会がありまして。 そこに俺も何故か招かれコメントを発表しました。 個人的な入学当初の気持ちから、最後に3年間ありがとうございました、と。 でも、俺クオリティ。 発表中に感極まって涙を見せる生徒がほとんどの中で、ええなんか結構チャラチャラした感じで、、、席に戻ると周りから最後の最後まで「お前らしかった」と。 なんかこれじゃ俺だけ感情ないみたいじゃん、とつぶやいたら「えっ。違うの?」と。。。 声を大にして言います。 違います!!

卒業式前日にもう一つ話があって、それは友人(テニス部副部長で俺の1番の友人であった彼)と友人の彼女(前出ではありますが伏せます)が家に遊びに来て。 その時にその彼女がもう一人女の子を連れてきてたんですね。 彼女は今までまともに俺と話したことすらないよいような人で。 でも、これをきっかけに仲良くなったんです。 まるで、前からずっと仲良かったかのように。 それがとても勿体無いような気がして。 明日でもう学校に来ることはないのに。 (ここまで俺の一方的な感情)。 俺の友人はとてもシャイで、だから俺の家から帰るときに2人で帰ればいいものを俺らが付き添って行ったんですね。 俺が横からずっと2人で帰れ、今だ切り出せ、と言っていたのですが。 結局彼の彼女の家が近くなった頃にようやく言い出せて。 そこから偶然にも家の方向が同じであった友人の彼女の連れの子と2人で話しながら帰って行きまして。 それが俺にとってとても楽しかったんですね。 まぁ、学校の前通ったらサッカー部女子にやたら冷やかされましたがw あれですよ、俺女の子と遊んで初めて家に帰ってから楽しかったよ、メールを送りました。

そして卒業式を迎えたわけです。 あれ?卒業式エントリ書いてなかったw後で書きますね。 日付は卒業式の日のものにさせていただきます。 俺は中学3年間、とても充実していて、なんか寂しくなるとかありませんでした。 とても晴れ晴れとした、清々しい気持ちで卒業しました。 中学校3年間はやりきったんでしょうね、完全燃焼したんでしょう。 卒業式

この卒業式のあと、また昨日のメンバーであそびました。 俺の友人の方は卒業式を終えてすぐさま昼も取らず我が家にきました。 そして、彼の予定ではそのまま彼女たちも誘って一緒にお昼食べたり、、、だったのですが予定が合わず。 見切り発車しすぎですよねw仕方ないので共通の男友達の家に行き、もともとその彼と遊ぶ予定だったやはり共通の男友達の家に迎えに行って、で最初訪ねた友人の家に上がらせてもらいましたが特段やることもなく。 そこで我が家に移動しました。 俺ら2人は昼を取っていなかったので途中でコンビニに寄って寂しく昼飯をwその後家に呼んだ2人が自分らのクラスの打ち上げ会に行くとのことでしたので俺らは寂しい2人に戻ってしまい、、、夜もコンビニ飯で済ませたところようやく都合がついて昨日のメンバーで集合。 午後8時のことでした。 そこから4人で公園へ行って9時まで遊んでいました。

そんな感じに俺は中学3年間を終えたわけです。

余談ですがその後もその4人で集まって何度かあそびました。 極めつけは俺が卒業式前日に仲良くなった彼女と12時間にわたってメールのやりとりをしました。 本当にお疲れさまでした。 でも、やっぱり楽しかったです。